私はモラハラ夫の所有物ではない!不倫妻になった私 最終話

 

 

 

駐車場と合わせて、月91000円でした。

 

高いです…すごく。

 

でももうペット可のアパートがなかなかないのです。

 

部屋を借りないと出ていけない…覚悟を決めて契約しました。

 

さぁ、お金はどうしよう…

 

 

 

 

 

つづき

 

 

 

アパートの審査は通ったものの、初期費用を払うお金なんてありませんでした。

 

悩んでいると、長男が気にして聞いてきました。

 

私は払えないかもしれない…と長男に言うと、払えなかったらどうなるの?と聞かれたので、引っ越せなくなるだけだよ。と言いました。

 

でも密かに私は母にお金を借りようと思っていました。

 

長男は、全然お金ないの?と言うので私は、貯めているお金はあるけど、それはあなたたちの学資保険だから高校卒業した後大学か専門学校行くでしょ?だからそれは使えないと言いました。

 

長男は、そうか…というような顔をして黙っていました。

 

数日後、長男は突然言ってきました。

 

きっとこの数日色々考えていたのでしょうね。

 

その学資保険解約して引っ越そうよ!と言ってきました。

 

私は、いや、それはしないよ。だって、進学するのにいくらかかるか知ってる?お金がなくて学校行けないとかママはさせたくないから解約はしない!と私は言いました。

 

 

 

 

長男は、そんなの自分でバイトして貯めるから大丈夫だから!それより俺はこの家を出たいだけなんだよ!だから、そうして!そうしようよ!と言ってきました。

 

長男の言葉にショックを受けました。

 

そんなにこの家を出たいと思っていたなんて、気づいてあげられなかった自分がいたからです。

 

長男もモラハラ夫のことが嫌だということをこの時初めて知ったのでした。

 

そして、長男にごめんね…と誤り、私は学資保険の解約をさせてもらいました。

 

そして、引越しをしたのでした。

 

 

 

 

★おしまい

 

ダラダラと綴りましたが、読んでくださりありがとうございました。

 

はしょった部分もたくさんありますが、ざっくり書かせていただきました。

 

本当は不倫のことをもっと書こうと思っていましたが、それよりモラハラ夫と子供のことばかりが出てきてしまい、読んでくれている方の期待に添えなかったかもしれません。

 

まだまだ今に至るまでのこともたくさんありますが、またゆっくり綴っていこうと思っています。

 

きっと、不倫の彼はどうなった?と気になる方もいるでしょうね。

 

彼とは、あれから一度会いました。

 

それは私の仕事中偶然会ったのです。

 

少しだけ話しました。

 

彼は仕事が上手くいっていないことは風の噂で聞いていましたが、やはり元気なさそうでした。

 

彼は夫婦仲が悪いままだと思います。でも子どもと一緒にいたいから頑張っているのだと思います。

 

どこに価値観を置くかはその人次第です。

 

男性は離婚すると子供と会えないのにお金だけを払うのは嫌と思い我慢して夫婦を続けるというパターンが多いように思います。

 

彼もそう言っていました。

 

今もきっとあの時と同じ状況で家族を続けているのだと思います。

 

彼とはあの時の気持ちなどなかったみたいに普通の話をして最後は頑張ってね!とだけ言って別れました。

 

もうすぐ春が近づいてきそうな肌寒い日でした。

 

 

 

 

 

あれから現在まで5年たちました。

 

その5年間は、ものすごいスピードで過ぎていきましたが中身の濃い5年間でした。

 

私はこれから50歳に向かってまた新たなものをたくさんつかみ取れるような人生を生きていきたいと思っています。

 

後悔ない人生にするために…